レシチン レシチンとはなんでしょう

リゾレシチンについて

レシチンとはなんでしょう?

レシチン(lecithin)は、自然界の動植物すべての細胞中に存在していて、生体膜の主要構成成分です。
リン脂質を含む脂質製品のことを総称してレシチンと呼んでいます。
レシチンの特性は、油を水に分散させてエマルションを作る乳化力、皮膚や粘膜から物質を透過吸収する浸透作用があります。
エマルションとは、乳濁液(にゅうだくえき)あるいは乳剤(にゅうざい)ともいい、身近な例としてはマヨネーズ・木工用接着剤・アクリル絵具・写真フィルムなどです。
私たちの体は、「水溶性」(水に溶ける性質)のものと「脂溶性」(油に溶ける性質)のものとから成り立っていますが、その仲立ちをするのが「レシチン」なのです。

 
↓レシチン
 
脂溶性物質→
レシチンとは
←水溶性物質
                                                  

人間も含めて、生物は細胞からできていることはよく知られていますが、細胞が細胞膜を通じて物質を取り入れたり、排泄したりできるのもレシチンがあるからなのです。

細胞の原形質は、蛋白質(タンパク質)を主として、これに核酸や脂質や色々な塩類溶液が混じってできたコロイド状の物質でできており、レシチンを構成する必須不飽和脂肪酸、イノシトール、コリン等は動脈硬化や肝硬変の予防に役立ち、新陳代謝を促進する機能があるので、体の構成単位である「細胞」から老廃物を排泄させて、若さを保つ作用が重要視されています。

細胞のデトックス
 
つまり、「レシチン」とは、生命の基礎物質であって、人体のすべての細胞の中に必要な栄養分を吸収し、不要な物質を排泄するゲートのセキュリティーをしているのです。
 
ゲートのセキュリティー
 
 
レシチンの必要性

日々皆さんは、食生活を気になさり、健康的な生活を続けられるよう栄養を考えておられると思います。
しかし、いくら良質で効果的な栄養を口から摂っていても、細胞が漏れなく栄養を摂取していなくては、全く意味を成しません。細胞を養っていく上での栄養効率は、細胞の種類はもちろん、各々の細胞の状態によって差があります。ですから、我々の体内のすべての細胞が、いつでも完璧な栄養摂取を行える状態を保つ必要があります。
細胞が完璧な栄養摂取を行えなくなると、細胞の働きが低下して、病気を発症することへと繋がるのです。
 
レシチンの推奨必要量

体内で脂肪がエネルギーとして利用・貯蔵される際、タンパク質と結びついて血液の中を移動するが、このタンパク質と脂肪の結合にレシチンを必要とします。体内のレシチンの総量は、体重60kgのヒトで600g程度です。レシチンの不足は、疲労、免疫力低下、不眠、動脈硬化、糖尿病、悪玉コレステロールの沈着など多くの症状の原因となるといわれています。
 
レシチンの結論

我々の身体に必要な栄養は血液で運ばれます。特に、脂肪がエネルギーとして利用されたり、貯蔵されたりするのには、蛋白質と結びついて血液の中を移動しますが、この蛋白と脂肪を結合させるのに「レシチン」が必要なのです。
また、水と親しみにくい脂肪であるコレステロール、中性脂肪、脂肪酸等と一緒になって、それらを水に溶けやすくする役目もしていますし、さらに細胞の中からコレステロールを取り除くときに働く酵素の作用を助けたりします。このように「レシチン」は、体内のいたるところの細胞膜や細胞の核の中にあって、毎日、新しい細胞を作り、細胞に必要な酸素や栄養分を吸収し、不必要な物質を排泄する役目をしているのです。
この「レシチン」が減って、新しい細胞を作れなかったり、また栄養分や酸素が充分入ってこなかったり、不必要な物質が出て行かないで細胞の中にたまったりすると、たちまち細胞は不具合を起こしてしまいます。
ですから、レシチンの働きというのは、細胞が常に不具合を起こさないように細胞膜をきれいにし、次々に新しい細胞が生まれるための働きをしているのです。つまり、細胞の一つ一つをみずみずしく保つ働きをしているといえます。
 
K・リゾレシチンについて
 
K・リゾレシチンとは?
 
従来のレシチンを酵素により加水分解して、脂肪酸を取り除き、低分子化したものが「リゾレシチン」です。
そのリゾレシチンに特殊栄養素を加えたものが、「K・リゾレシチン」です。
 
 
低分子化である理由
 
脳には「血液脳関門」という関所があり、低分子で脂溶性の成分は、この「血液脳関門」を直ぐに通過してしまいます。
例えば、アルコール(酒類)とか、ニコチン(タバコ)などは、低分子で脂溶性ですから、飲むとたちまち「血液脳関門」を通過してしまい、酔ったり、頭がクラクラしたりするわけです。
K・リゾレシチンは低分子でしかも脂溶性ですから、「血液脳関門」を通過しやすいわけです。
つまり、従来のレシチンに較べて非常に吸収力に優れており即効的です。
 
アメリカのマサチューセッツ工科大学の特別研究チームによる動物ならびにヒト実験の結果がめざましく、現在もアメリカや日本のいくつかの大学、医療機関で研究が引き継がれています。
 
研究結果の中には、サプリメントとしてリゾレシチンをそのまま摂取しただけではK・リゾレシチンほどの大きな効果は期待できず「リゾレシチン+特殊栄養素」が重要なカギとなっているのです。

K・リゾレシチンの脳内による働き

K・リゾレシチンの脳内による働き
 
 
 当研究所と連携している、ナチュラルクリニック代々木ではK・リゾレシチンを主とした栄養療法により、精神的な病気はじめ多くの困難な病気を克服しています。
 
クリニックにおけるめざましい臨床例を一部ご紹介させていただきます。
 
 
臨床例01
臨床例02
 
  • 協賛:ナチュラルクリニック代々木
発行:HBCフナト
ALPHA通信を参照させていただいております。
 
クリニックでの実証例
  • 高機能自閉症が1年でほぼ回復
    米国ワシントン州在住 S・Y (男児)の母親

それは2004年1月29日に届いたメールからはじまりました。
「自閉症についてのサイトで、K・リゾレシチンのことを初めて知りました。5歳の息子が高機能自閉症と診断され、何とか副作用のない方法で回復させたい!と強く願っている者です。私どもは、アメリカに住んでおりますが、K・リゾレシチンをとりよせることはできますか?」という内容でした。
以下はご本人の承諾を得て、メールの内容を紹介します。
 
【2004年2月5日】
沢山の資料とサンプルを受け取りました。わざわざ、海外までありがとうございました。こんなに親切にしていただけるなんて、真に恐縮です。
早速、5歳の息子にあげてみました。そして、1日、とても機嫌よく過ごしていました。
私も少し試してみましたが、とても冷え性で疲れやすいのですが、身体が温まった感じがし、普段よりもエネルギーが出たように思えました。
 
【2004年3月22日】
K・リゾレシチンを摂るようになり、約1ヶ月が過ぎました。
以前よりも落ち着いた様子がみられ、水泳教室へ行っても積極的に参加するようになり、待ち時間等に自分の世界に入ってくるくる回ったりするようなことが減り、他のお子さんのすることを見ていたり、もぐる練習をして待っていたりと、いい感じでした。
そして、先日「お母さん見て!」と言いながら、一人で泳ぎだしてしまいました。自閉傾向はまだまだありますが、今までは鉛筆を持ったりすることに、あまり興味がなかったのですが、最近、またまた「お母さん見て!」と言いながら、ひらがなをなぞったり、絵を描いたりもし始めました。とても嬉しかったので、ご報告させて頂きました。
K・リゾレシチンは、有害金属等を解毒する作用はありますか?できる限り、自然な方法でと考えています。
 
【2004年3月23日】
有害金属の件は、私自身においても興味深いトピックなのです。というのは、昔、歯にアマルガムが10本も入っており、ちょうど息子を妊娠したころから、眠れないほどのアレルギー性鼻炎にかかり、様々な薬を試し、結局内服薬はどれも効かず、Beconazeというスプレーをずっと使っていました。そして、原因不明の片腕麻痺にもなってしまいました。
そのようなことから、有害金属等も、自閉症の原因のひとつになっているのではと考えていたのです。でも、K・リゾレシチンに中和するか解毒するような作用があるというのが分かり、希望が更に出てきました!
ずっど、安全なものを探していたので嬉しいです。吸収力の良さも実感しております。時々私も食べています。自閉症の息子の兄(6歳)も時々食べており、「これはね~、薬じゃないんだよ。おやつだよ~」と喜んでいます。でも、弟の様子が良くないときは、「お母さん、あのお薬あげたら~」って。一体どっちなんだ~!?って感じです。
自閉症は治らないといわれていますが、私は全然あきらめていないんです。
 
【2004年3月28日】
息子は特殊学級保育園と、日本語の保育園に通っておりますが、先日、日本語の保育園の先生から、嬉しいコメントがありました。「最近急激にコミュニケーションスキル、会話が上達しています」ということでした。私も日々の生活からそれを実感しています。
 
【2004年12月8日】
息子は6歳になり、9月よりキンダーガーデン(幼稚園)へ行き始めました。
アイコンタクトが良くできるようになり、学校へも楽しく通っています。学校で言語療法を1対1で受けていますが、しっかり座って先生とコミュニケーションをとっています。
一番嬉しいのは、クラスメートと仲良くうちとけて、笑顔で一緒に遊んでいる姿を見ることです。
表情が豊かで、先生からも「明るく、ユーモアのセンスがある」とおっしゃって頂きました。去年の今頃は、高機能自閉症特有の記憶力には優れているものの、多動気味だったので、まず落ち着いて座っていられるようになる、というのが目標でした。
グミを食べ初めて、3ヶ月以内に良いサインがたくさん見られるようになったので、あきらめずに進んでいきたいと思っています。
 
【2004年12月28日】
息子はこの1年で信じられないくらいの成長をとげました。うっかりグミをあげ忘れると、息子の方から「お母さん、グミまだ食べてないよ~」と催促してくれます。こうして、本人がとても気に入って食べているので、さらに吸収されているのかな、と思います。
 
【2007年6月11日】
いつも海外発送して頂き、大変お世話になっております。また、サンプルや情報等ありがとうございます。
2年生の息子は、お蔭様で元気に楽しく学校生活を送っており、特に今年は、算数において素晴らしい成長をみせてくれています。
3年生や4年生レベルのものができるようになりました。とても明るく、笑顔が多いというのが、一番の恵みです。ありがとうございます。これからも是非宜しくお願い致します。
 
【著者のコメント】
難病の高機能自閉症が、着実に回復される様子が手に取るように分ります。神経伝達物質(情報伝達物質=ホルモン)のアセチルコリンをはじめ様々な脳内ホルモンの分泌が促進され、同時にそれらのバランスがとれてきたようです。その結果、傷ついた脳神経組織を修復し、情報が自然の流れに沿いながらレセプター(受容体)の扉を開放し、受信した情報を再び次の組織に向けて発信する脳神経組織のメカニズムが整ってきたからと言えます。

   ●パーキンソン病の妻の驚くべき回復

    東京都大田区 H・T 男性(85歳)
 
私の家内(80歳)はパーキンソン病です。
歩行は困難で、赤ちゃんの歩行の如く「ヨチヨチ歩き」で、手押し車を使って何とか歩いている状態です。また手の震えもあり、高齢でもあるので、腰痛を始め膝の痛みなどの苦痛を訴えることも多く、気持ちが塞ぎがちでした。そんな家内を介護している私自身も85歳という高齢であり、気分は暗くなり、精神的にも辛い日々を過ごしていました。
そんなある日、家内に食べさせてみてはどうかと、友人からK・リゾレシチンのグミタイプとマルチビタミンを頂きました。
本人も試してみたいとのことでしたので、帝京大病院から頂いていたパーキンソン治療の薬を飲むことを止め、早速翌日から毎食間にK・リゾレシチン5粒、マルチビタミン3粒を摂り始めました。
1週間ほどすると、それまでは何となく見ていたテレビを自分から「見たい」という気分になってきたと言い、とても楽しんで観るようになりました。また、気分が良くなってきたせいか、従来より明るくなり笑顔も見られるようになりました。
2週間ほど過ぎると、食事が3度とも美味しく頂けるようになり、その上、よく食べるようになりました。
1ヶ月もすると、それまで1週間のうちに3~4回、夜中の12時を過ぎると突然変な声で唸ったり怒ったような大声を出していたものが、ピタッと止まりました。
2ヶ月を過ぎるころには、手の震える間隔が少しずつ長くなり、ピタリと止まっていることも多くなりました。
3ヶ月になる頃には、手の震えは知らず知らずのうちに止まっていました。
食べ初めてから半年たった現在では、体調も良く、気分も晴れやかになって、妻が若々しくなってきたようです。私も、妻と一緒にK・リゾレシチンとマルチビタミンを食べていたためか、体調も良く、精神的に落ち込むこともなくなってきました。妻はもちろんですが、私も含め、あの辛かった日々が今は嘘のようです。
そして今でも欠かさず飲み続けています。夫婦共々本当にK・リゾレシチンに出会えて感謝しています。
 
   ●10年来の花粉症が治った

   東京都大田区 伊藤しのぶさん 女性(39歳・会社員)
 
私の花粉症は10年位前から始まりました。
アレルギー検査(パッチテスト)も2度受けましたが、お医者さんも驚くほど「何種類かの木」と「全ての草」にアレルギーがあり、毎年2月からゴールデンウィーク明けまでという長い間マスクが手放せない状態でした。
症状の中でも特に鼻づまりがひどく、この期間は常に鼻声。また夜中に何度も目を覚ましては鼻をかむので毎日が寝不足。
そして「身体に悪いだろうな」と思いながらも連日のみ続ける薬のせいで、一日中ボ~っとしていて頭も重く、まさに「絶不調」。せっかくのゴールデンウィークも出かける気になれず、友達には「冬眠宣言」をし、ひたすら家にこもっていました。
2年前K・リゾレシチンを知り、食べ始めました。はじめは健康維持のために食べていたのですが、食べ初めて半年、恐怖の季節がやってきました。やはり症状は出ましたが、いつもより軽く済んだような気がし、花粉症自体が少なかったのだろうとそのときは考えていました。
ところが昨年は、念のためにとお医者さんからもらっていた薬を、まったく飲まずにいられたのです。そして3年目になる今年は、今までのことがウソのようにほとんど症状が出ることなく、恐怖の季節を無事に過ごすことができました。
現在も血液検査をするとアレルギーは370で、標準値を大きく超えていますが、K・リゾレシチンが症状が出ないように封じ込めてくれているようで、あの花粉症の苦しみから救われました。「大嫌いな春」が「大好きな春」に戻る日も近そうです。
 
【著者からのコメント】
花粉症も一種の自己免疫疾患で、免疫細胞が異物(花粉)に対して過剰反応し、自己を攻撃してしまうことから起きます。K・リゾレシチンによって、免疫機能がようやく、自己と非自己を認識できるようになってきたのでしょう。

   ●統合失調症

   千葉県 Y・M 女性(31歳)

 
2006年12月25日 初診
19歳から多くの薬を内服。ストレスが過剰で、頭痛がひどく、甘いものに目がないとのこと。初診時には、11種類の薬を服用中であった。
薬品名 一日の量 飲み方
デパス(1mg) 3錠 毎食後
ルーラン(4mg) 3錠 毎食後
アモキサン(25mg) 3カプセル 毎食後
ヒポラール(1mg) 3錠 毎食後
アロフト(20mg) 3錠 毎食後
バレリン(200mg) 3錠 毎食後
バレリン(200mg) 1錠 寝る前
ベゲタミンA 1錠 寝る前
レスリン(50mg) 1錠 寝る前
ダルメート(15mg) 2カプセル 寝る前
レボトミン(50mg) 2錠 寝る前
リスパダール内容液 2ml 不安時服用
 
2007年1月13日
初診の日から、K・リゾレシチンのグミタイプを1日6粒摂取。わずか3週間で非常に明るくなった。調子が良いので、以前からかかっている精神科で、レボトミン100mgを75mgに減らすことができた。
ただ月経前だけはイライラし不安感があった。そこでビタミンB複合体を追加した。

2007年2月3日
レボトミンがさらに75mgから50mgに減った。耳ツボダイエットにも成功し、6kg減量。とてもスマートになった。肌の調子も良く「食の好みも変わってきた」と言う。炭酸ジュースは飲まなくなり、油ものは拒否反応するようになった。バレリンの相性が悪いようなので、昼の分をオフにしてみるようにアドバイスをした。

2007年2月24日 初診から2ヶ月。
まだ薬は飲んでいるが、とても調子が良い。ビタミンB複合体やナイアシン(ビタミンB3)の飲用を忘れてしまったときに限り、めまいや耳鳴りがひどくなるので、その重要性を感じたと話してくれた。まだ約2ヶ月ほどなので、K・リゾレシチンを根気よく摂取することにより、さらに減薬は可能になるだろうと思われる。

   ●うつ病

   東京都 H・U 女性(29歳)

 

2006年12月21日 初診
某有名医大に勤める秘書。ストレスが非常に多いとのこと。この秘書が通院しているクリニックの先生は「薬好きな」医者だそうで、新しい薬をすすめられるたびに、さらにストレスが増してしまうとのこと。初診時の内服は、次の通りである。
  • デパス(0.5mg)1日2錠、朝・夕食後に服用
  • トレドミン(25mg)1日6錠、朝・夕食後に服用
  • デパケン(200mg)1日2錠、朝・夕食後に服用
 高校卒業後、専門学校に進み、その頃から食生活が乱れた。甘いものが好きで、食事は胃がいっぱいになるまで食べないと気がすまなかった。頭痛はないが常に頭がモヤモヤし、不安にさいなまれていた。一方いつも便秘がちという。
月に2~3回は胸の苦しさがあるとのこと。そこで、K・リゾレシチンを1回3個、1日3回に、ビタミンB複合体、ナイアシンアミド(B3)、DHA/EPA等を処方。
 
2007年1月6日
「甘いものに対する依存が軽くなった」と報告がある。白米から発芽玄米食にしたとのこと。胸の苦しさは改善傾向、便秘は改善。過食もなくなった。
肌の調子も良くなった。デパケンを半量に減らした。
 
2007年1月15日
デパケンを半量にしても変わりなかったので、この日からオフにした。
 
2007年1月27日
ちょっと風邪をひいたが、治りが早かったとの報告があった。いつもは治りにくい。口内炎もビタミンB複合体とナイアシンアミド(ビタミンB3)、乳酸菌生産物質の噴霧ですぐに治った。トレドニンを1日6錠から4錠に減薬した。
 
2007年2月10日
肌の調子がとてもよい。笑顔もあり明るくなった。
「もうすぐ30歳になります。女30、色々考えます」と話し、しっかり自分に向き合えるようになった。
 
2007年2月16日
かなり回復。職場の先生がストレスをかけてきても、以前より上手にこなせるようになったとのこと。「味がわかりにくい」ということなので、亜鉛不足を考えマルチミネラルを追加。
  
   ●パニック障害

   埼玉県 B・G 女性(27歳)

 
2006年12月20日 初診
アパレルに勤めるスレンダーな女性。電車や人混みでパニックになってしまう。
心臓がバクバクし、息ができなくなる。泣くことが多く、大体は泣きつかれて寝つくような毎日。職場で昼食をとった後に、よく吐き気を催す。胃が悪いというよりも、精神的な要素が多い吐き気である。食欲はないが、無理やり詰め込んできた。頭痛もあった。内服薬は次の通りである。(デパスは調子の悪いときだけ服用)

 ●デパス(1mg)1日3錠、毎食後に服用
 ●リボトリール(1mg)1日1錠、就寝前に服用

 いくつかサプリメントを提案したが、「まずはK・リゾレシチンだけを」ということでスタート。
 
2007年1月5日
「違いを感じる」というのが第一声であった。セールの準備があって忙しかったが、何とか頑張れたとのこと。でもまだ寝つけない日が多く、食後の吐き気も続いていた。
また電車や人混みでは、息が荒れてしまう。ビタミンB複合体を追加。
 
2007年1月19日
少し調子を崩してしまった。いつもよりデパスに頼ってしまったとのこと。でも「何かが大きく変わりはじめている」と言う。「ありがとう」と言えるようになった。同時に彼との関係もうまくいくようになった。
 
2007年2月2日
ノロウィルスだろうか。ものすごい下痢に悩まされてしまった。でもそれが治った後「お腹がすいた!」と久しぶりに思った。彼との関係は良好だが、自分のお母さんとはあまりうまくいっていない。
 
2007年2月16日
かなり落ち着いてきた。今の職場に見切りをつけ、新天地に飛び込んだ。実に活き活きとしていた。
 
 
   ●認知症

    高知県 S・S 女性(86歳)

 
もともとは、娘(60歳)のほうがアル中傾向にあったので、K・リゾレシチンと糖鎖栄養素を試したところ、「いいようだ」ということから認知症傾向にあった母親にも摂取してもらうことにした。
ところが、この母親が骨折して入院してしまった。入院して間もなく娘の顔も分らないほど認知症が悪化。入院中にいたずらに動き回ったり、暴れたりするようになった。そこでK・リゾレシチンと糖鎖栄養素を摂取させたところ、わずか1週間で劇的な回復をし、退院。
今では、自分の体を介護士に見てもらうのも恥ずかしいと感じるようになり、用事があるときは、自分で電話帳から番号を探し出して、電話するまでに回復した。
   

 ※参照図書※
  心の病を癒す 脳内食品-IQ・EQも高まる-
  「食べるだけでIQ・EQが高まる」改め
  著者 医学博士 神津 健一
  トレランス出版発行・ぶんぶん書房発売


最後に
これらの実証例と臨床例はクリニックにおけるほんの一例です。
諦めかけていた、精神的な難病もめざましい改善が見られるのがK・リゾレシチンです。
これらの内容含め、より多くの実証例や臨床例が知りたい、またはK・リゾレシチンについて知りたいという方は、成健研究所にお問い合わせ下さい。


医学博士でありK・リゾレシチンの開発者、神津健一先生著書による書籍
予防医学指導士である安東成道の無料勉強会も行っております。
 
成健研究所は、各種勉強会を無料で行っております。

リゾレシチンの勉強会について
心の病を癒す 脳内食品(1)
★毎月3日 15:00~16:30
★毎月14日19:00~20:30
心の病をいやす 脳内食品(2)
★毎月4日 15:00~16:30
★毎月15日19:00~20:30

場所は成健研究所内にて
参加ご希望の方は下記までお問い合わせ下さい。

成健研究所
  お問い合わせフォーム

勉強会の詳細はこちらへ
  成健研究所主催勉強会