予防医学に基づく病気予防 / 成健研究所

成健研究所

最新!健康情報

レシチン(Kリゾレシチン)について

レシチン(Kリゾレシチン)について

レシチン(lecithin)は、自然界の動植物すべての細胞中に存在していて、生体膜の主要構成成分です。私たちの体は、「水溶性」(水に溶ける性質)のものと「脂溶性」(油に溶ける性質)のものとから成り立っていますが、その仲立ちをするのが「レシチン」なのです。

詳細はこちら

プラセンタ

プラセンタについて

日本で注目を浴びているプラセンタ。 日本では元々、美容のためではなく、そして最近になってというわけでもなく、研究を重ねられている効果の高い医薬品でした。プラセンタは、胎児の生命を維持し成長を促すため、ホルモン分泌・免疫機能・解毒作用などを担い、組織の再生を助ける“細胞増殖因子”を生産するといわれています。

詳細はこちら

精神的お悩み改善報告

精神的お悩み改善報告

統合失調症、軽うつ状態からの脱出、ヒステリーと、そううつ病を克服、統合失調症、うつ病、長年の自殺願望から開放、パニック障害、強迫性精神障害・統合失調症、不安な気持ちから開放されて・・・、抗うつ剤の服用も無くなり、勉強の意欲も増して、統合失調症、うつ病、効果を1日で体感できました・・・等々

詳細はこちら

成健研究所とは

それぞれの健康を成し遂げる

成健研究所

「それぞれの健康を成し遂げる」そのお手伝いをさせていただく団体です。

イメージ現代の日本は豊かさを得て、多くの便利なものや多くの人が購入したくなる方法や商品、安さを追求するあまり内容をおろそかにしている商品が蔓延しています。
本当に何が良くて、何が悪いのか?
どの成分がどのような作用を及ぼし、どの製品を摂取すればいいのか?
そして何より、自分にとって何が必要なのか?
アナタは自分の健康に自信が持てていますか?
信念を持ってサプリメントや美容系製品を使用していますか?

毛髪検診(PRA)を中心に、健康や美容にまつわるカウンセリング・セミナー・イベント・メールマガジン配信により、共に"それぞれ人に合った健康・美容推進"を模索していく団体です。

所長挨拶

成健研究所

実際の病院における治療において解ってきた、現代社会の生活習慣が引き起こす病気への問題点や、私本人が多くの予防医学・未病医学・代替医療に触れ、海外と日本における医療のあり方や生活習慣を肌で感じ、自国では医療として認められているフランスのアロマテラピーやハワイのロミロミ技術を取得したことで見えてきた、健康になるための情報をご提供するために、成健研究所を設立しました。
成健研究所は、幸せになるためには健康が最も大切であると考えます。 健康は、カラダ・ココロ・精神・環境のバランスが取れていることです。 成健研究所は、みなさまがそれぞれのバランスが取れますよう日々邁進してまいります。
代表取締役  安東 成道

成健研究所