P&A過去の活動内容(~2011) 予防医学・代替医療振興協会

「第13回 P&A学術交流会」

2011年11月19日
(1)「健康と人生を成功に導く“数波理論”」…渡部晋三先生(予防医学指導士・スーハ波動分析π理論開発者)
(2)「K・リゾレシチンと精神医学の出会い」…銀谷みどり先生(精神科医・医療法人社団一友会ナチュラルクリニック代々木副院長)
(3)「外科医だが~できればメスは執りたくない」…佐野正行先生(外科医・医療法人社団一友会ナチュラルクリニック代々木院長)
(4)「勘違いしている薬と栄養の違い」…神津健一先生(医学博士・NPO法人予防医学代替医療振興協会理事長)
(5)「正しいサプリメントの食べ合わせについて」…白鳥早奈英先生(栄養学博士・(財)日本栄養補助食品科学検定協会理事長)
(6)「愛される脳のつくり方」…田中路子先生(管理栄養士・予防医学指導士・(財)日本栄養補助食品科学検定協会専務理事)
(7)「歯科医師の催眠療法と栄養療法」…斉藤道雄先生(歯科医師医学博士・斉藤ファミリーデンタル院長・日本催眠応用学会理事長)
(8)「被災地の病める心の癒し方」…菅田貴司先生(NPO法人予防医学代替医療振興協会専務理事)
(9)「QRSから診えてくる放射能汚染」…中村元信先生(医学博士・東京ハートフルクリニック院長)
 

「第12回 P&A学術交流会」

(1)「育脳力 ―脳内汚染の実態から見えてくる育脳障害とその改善方法―」・・・菅田貴司氏(予防医学・代替医療振興協会専務理事)
(2)「日和見健康科学」・・・菅野光男氏(りゅうえいクリニック院長)
(3)「未病診療の幕開け」・・・中村元信氏(東京ハートライフクリニック院長)
(4)「健康診断 見直された正しい正常値(基準値)」・・・神津健一氏(ナチュラルクリニック代々木会長)
(5)「毛細血管のヒミツ」・・・三浦一郎氏(イルカクリニック院長)
(6)「胃がん・大腸がんにならない健康法」・・・村田博司氏(赤坂胃腸クリニック院長)
(7)「メディカルエンターテイメント」ドクター林スーパーバンド・・・林督元氏(弘報医院院長)

「第11回 P&A学術交流会」

2009年11月18日
(1)「脳内サプリが奇跡を呼ぶ」・・・菅田貴司先生(予防医学・代替医療振興協会専務理事)
(2)「“心の病”は神経細胞と脳(扁桃体)に傷がある」・・・神津健一先生(医学博士・ナチュラルクリニック代々木会長)
(3)「酵素の働きと抗ガン作用」・・・水田順也先生(医学博士・医事評論家)
(4)「EMBC(エンビック)の免疫活性と癌治療」・・・高島康豪先生(環境微生物博士)
(5)「日米健康食品における温度差」・・・ケント・ギルバート先生(法学博士・カリフォルニア州弁護士)
(6)「もう騙されないぞ!嘘だらけの癌治療」・・・船瀬俊介先生(環境・医療・健康評論家)
 

「驚異的生存率!末期ガンを救う代替医療」

Dr.コントレラス来日 特別記念講演「驚異的生存率!末期ガンを救う代替医療」

2009年7月4日
コントレラス博士は、ガンを患う欧米の富裕層たちがこぞって入院することで知られる「オアシス・オブ・ホープ病院」(メキシコ)の会長として、余命宣告をされた多くの末期ガン寛恕を救ってきた実績を持つ、ガン代替治療の世界的第一人者です。

同時講演
松原義泰先生(元厚生労働省厚生事務官・麻薬取締行政)
宗像久男先生(ナチュラルクリニック代々木院長)
 

「第9回 P&A学術交流会」

~P&Aコンベンション ナチュラルセラピー2007~

2007年12月8日
東京有明にあるTNTホールにて、50コマのブースによる展示会・ナチュラルセミナー・レセプションが行われました。
ナチュラルセミナー内容
(1)「クスリやめますか?人間やめますか?」・・・南孝次先生(市民の人権擁護の改日本支部代表世話役)
(2)「アメリカに較べ、こんなにズレている日本の医療」・・・ケント・ギルバート先生(カリフォルニア州弁護士・日本予防医学(株)会長)
(3)「カラダの中まできれいになれるフェイシャルアナリシス」・・・成田美和先生(米国コスメトロジスト・フェイシャルアナリシス協会会長)
(4)「マイナス水素イオンサプリメントの可能性―脳の保護と機能向上―」・・・村上信行先生(医学博士・ホロス松戸クリニック院長・ホリスティック医学協会理事)
(5)「笑いの医学―笑いは副作用のない特効薬―」・・・林督元先生(医学博士・上海中医薬大学客員教授・弘邦医院院長)

「第8回 P&A学術交流会」

~親子関係の危機と「食」の問題点~
2006年9月2日

頻発する異常犯罪や反社会性人格障害の裏側を3人の講師陣がそれぞれの立場で検証。
また、P&A理事長である神津健一氏を座長に据え、「脳内サプリの栄養学的アプローチ」を5人のパネリストによるディスカッション形式で討論した。

講師
南孝次先生(市民の人権擁護の改日本支部代表世話役)
ケント・ギルバート先生(カリフォルニア州弁護士・日本予防医学(株)会長)
松原義泰先生(元厚生労働省厚生事務官・麻薬取締行政)
大沢博先生(岩手大学名誉教授)
柿谷正期先生(立正大学心理学部教授)
白井洋一朗先生(ナチュラルクリニック代々木院長)
松田武巳先生(NPO法人不登校情報センター理事長)
尾崎さよ子先生(ナチュラルクリニック代々木代替医療カウンセラー) 順不同

「第7回 P&A学術交流会 ~現代医学の矛盾と栄養療法~」

2005年10月22日
現代医学の矛盾と栄養療法―アメリカ代替医療ガン学会帰朝報告―・・・宗像久男先生(ナチュラルクリニック代々木院長)
(1) 毒抜きダイエットーデトックスで体内浄化―・・・大森隆史先生(銀座サンエスペロ大森クリニック院長)
(2) アメリカ人の日本健康法―健康は自己責任の時代―・・・ケント・ギルバート先生(カリフォルニア州弁護士・日本予防医学(株)会長)
(3) クスリになる食べ物・食べ方―免疫力を強化する食事法―・・・飯塚律子先生(フードコンサルタント・健康間理学博士)
(4) 間違いだらけの学校給食を正すー心の教育は食育からー・・・大塚貢先生(長野県真田町教育長)
(5) 心の病を癒すサプリメントと脳内ホルモンの調整・・・神津健一先生(予防医学・代替医療振興協会理事長)
 

「第6回 P&A学術交流会 ~薬をやめると病気は治る~」

2005年8月27日
安保徹先生 新潟大学大学院医学部教授

「アンチエイジング国際シンポジウム&エキスポ東京2006」

日本初開催「アンチエイジング国際シンポジウム&エキスポ東京2006(AISET2006)」への全面的な支援と協力を行う

「第3回 心の病を癒すシンポジウム」

2005年7月2日 ■講演テーマ■ (1)問題行動と子どもの脳(不登校と引きこもりは治る)・・・浅野幸恵先生 自然治療法勉強会元会長 (2)病院・放射線検査のプラスとマイナス・・・川添修身先生 診療放射線技師 (3)アンチエイジングと日本型食生活・・・秋好憲一先生 理学博士 (4)K.リゾレシチン投与による脳内ホルモン分泌試験の研究発表・・・具然和先生 健康科学博士 (5)心の病を癒す脳内ホルモンの調整・・・神津健一先生 医学博士